DTM、自作曲、トランス、テクノ、ユーロダンス、ど素人が一人前になるまでの記録

CategoryMenu

インフォメーション オリジナルソング DTM講座 ムビー フリーソフト&VSTプラグイン 雑記

ニコニコ動画



スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


別窓 | スポンサー広告
Dear you - Angelica trance Mix- by Dj A.Q..flv
2008-04-30 Wed 23:53
[Anime_ひぐらしがなく頃に] Dear you - Angelica trance Mix- by Dj A.Q..flv

この動画を見て、トランスってカッコいいな!って思った。
Remixについては、いつでも賛否両論だが、おいらは好きだね。





スポンサーサイト


別窓 | Movies | コメント:0 | トラックバック:0
YouTube- 2 Unlimited - The Real Thing
2008-04-29 Tue 16:53
私の原点とも言える曲
90年代にクラブ通い(当時はディコと言っていた)してた時に流行った曲!

この曲が流れると、フロアが一杯で踊るスペースもなかったなぁ
今聴いてもカッコイイと思うんだが、今の10代や20代の人が聴いたらどんな感想持つんだろうか・・
やっぱ 古い 昔の曲って思うんだろうか・・・ぜひ、感想を聞いてみたいもんだ【END】







別窓 | Movies | コメント:2 | トラックバック:0
【DTM講座】第4回 ~番外編~ MyRoom
2008-04-28 Mon 00:30
~番外編~ MyRoom

myroom.jpg


 番外編です。私の音楽製作環境を公開します。

 ① 一番左にあるのがYAMAHA SY77(←ほとんど使ってません ^-^;)
 ② ネット用のノートパソコン VAIO FS22B
 ③ モニタ2つMITSUBISHIとBUFFALO(同じ型で揃えたいです ^-^;)
 ④ ノートとモニタの間にあるのがE-MU0202USB(特に不便を感じてません)
 ⑤ ヘッドホンはaudio-technica ATH-M50(今のところ満足してます)
 ⑥ 真ん中MIDIキーボードE-MU Xboard49
 ⑦ 上の黒いスピーカー FOSTEX PM0.4(これも今のところ満足)
 ⑧ そしてDAWはFL Studio


たいした機材ではないのですが、DTM関連(ソフトシンセ含む)機材を一気に揃えたので
以外にお金かかりました

まだまだ欲しい機材があるので、お金貯めないとね・・・【END】





別窓 | DTM講座 | コメント:0 | トラックバック:0
【DTM講座】第3回 ~導入編その2~ ASIO4ALL
2008-04-26 Sat 14:45
~導入編その2~ ASIO4ALL

以前にDTMに挑戦した時に、挫折の原因のひとつとなったのが、演奏と発音の遅延でした。
キボードを押してからソフトシンセが発音するまで、体感で1・2秒かかり、MIDI入力にもストレスが溜まりましたが、その原因を追究することもなく、「初心者用のソフトだから、こんなもんなんだね」と諦めました。

その原因がサウンドドライバだった事を知ったのは、つい最近の事です。

そもそもWindowsのサウンドドライバは 音楽を演奏する 事を想定して作っているのではなく、(まぁある意味当然ですが・・)内部で余計な経路たどるため、どうしても遅延が生じるとのことです。

そこで、それを解決するためにSteinbergというドイツのメーカーが提唱するオーディオ用ドライバ規格 Audio Stream Input Output 訳して ASIO(アジオ) が誕生しました。
ASIOの持つ特性として、Kernel Mixerを通らない(音が良くなる)ことと、遅延(レイテンシー)を低く抑える効果があり、最近のオーディオインターフェースの標準ドライバになってます。

しかし、残念ながら、普通のPCに入っているサウンドカードにはASIOドライバが入っていません。
そこで、それらを解決するために汎用的なASIOドライバが登場したのです。

ASIO4ALLの登場

asio.jpg
ASIO4ALLインターフェース画面

このドライバを入れる事により、PCに最初から付いているサウンドカードでも、かなりASIOの恩恵を受けることができます。

asio-hp.jpg
ASIO4ALL

もちろん、これで万全になる訳ではありませんので、環境に不満が出たら、オーディオインターフェースを導入するのもいいでしょう。【END】





別窓 | DTM講座 | コメント:0 | トラックバック:0
いい感じ!VISAデビットカード VANGUARD購入
2008-04-25 Fri 22:58
買っちゃった!VANGUARD(ソフトシンセ)

VANGUARD.jpg
http://refx.com/

前から欲しいと思っていたのですが、海外サイトでのクレジットカード支払いに抵抗があって
なかなか踏ん切りが付きませんでしたが、VISAデビットカードの存在を知りました。

デビットカードはクレジットカードと同様な扱いですが、口座にある金額までしか利用できない
との事です。
「うん?これって少し安心じゃん!」
調べてみると、そのカードを手に入れる方法は、いろいろあるみたいですが、イーバンクに口座を開設すると、キャッシュカードにもれなく付いてくる。

↓こんなカードです。(画像はイーバンクのHPからパクりました^-^;


「うん? おいら持ってんじゃん

キャッシュカードが届いたときに、あのVISAのマークがなんで付いてるのか分からなかったが、コレで納得!てか気づくの遅すぎです・・・

reFXのページで購入手続きを済ませ、数時間後にシリアルNoがメールで到着!
無事にダウンロードし、FL Studioで使用可能な状態までなんなくこなせて、ご機嫌です
(今現在、購入代金以外の引き落としはありません、てか、当然な訳ですが^^;)【END】





別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0
YouTube-FL Studio!
2008-04-09 Wed 00:14
YouTube FL Studio お気に入り動画

FL Studioのチュートリアルで有名な動画です!
この動画を見てFLが好きになりました!



上で作ったチュートリアルの曲のRemixバージョン!
カッコイイ!!ですね♪





別窓 | Movies | コメント:0 | トラックバック:0
【DTM講座】第2回 ~導入編その1~
2008-04-08 Tue 22:36
~導入編その1~

第2回目に導入編って・・かなり整理が悪いですが(^-^;
その1では私が今の機材などを選んだキッカケを紹介します。

flstudio.jpg
図:FL Studio XXL

DTMはソフト選びでその人生が決まる

ソフト選びの最中に、とあるサイトでこの言葉を目にしました。
少し大袈裟に聞こえるかもしれませんが、私には心当たりがありまして・・・・
音楽がやりたくて最初に手にしたのが、YAMAHA SY77でした。
これで打ち込み等をチマチマやってたんですが、所詮、楽器が出来ないもので、使いこなすことなく倉庫入になりました。
その数年後、DTMという言葉と同時に手に入れたのが、SingerSongWriterLightというソフト。
これまた、ソフトとの相性が悪かったと言うか、まぁ楽譜が読めないとの事もあるが、あえなく挫折。
さらに数年後、つまり去年の8月、雑誌のDTM特集で最近のソフトはループ素材を並べるだけで、音楽を作成できるソフトが主流だと知りました。(MIDI中心からAudio中心って意味で)
これなら私にも出来るのかもと思いDTMについて調べてみて、色んな体験版、色んなフリーソフトを使ってみたがシックリこなくて、そんな中、出会ったのがFL Studioでして、体験版を使った瞬間に、「コレだ~!!」って思いました。

 英語版しか無いが、直感的に分かるインターフェース!!
 ピアノロール(MIDI入力)の使いやすさ!!
 見た目のシブさ!!
 豊富な音源&エフェクト!!
 デモソングのカッコ良さ!!
 そして手ごろな値段!!


すぐに購入、そして現在に至ります。

DTMの機材を一から揃えるとなると結構、金が掛かるもので・・・・(^-^;
まぁ、ソフト等は全部無料で揃えられる訳ですが・・・
そんでもって下に紹介するサイトを参考に、一通り機材を揃えました。

DTM初心者のFAQ@2ch
http://dtm.ojaru.jp/index.html

私の機材リスト

 DAW:FL Studio
 選んだ理由:ほぼ一目ぼれ(*^-^)

 オーディオインターフェース:E-MU 0202 USB
 選んだ理由:↑のサイトの初心者お勧めでコストパフォーマンスが良さそうだったから(^-^;

 スピーカー:FOSTEX PM0.4
 選んだ理由:↑のサイトで初心者にお勧めってあったから(^-^;

 ヘッドホン:audio-technics ATH-M50
 選んだ理由:アキバのヨ○バシで試聴の結果、一番良いと感じたから

 MIDIキーボード:E-MU Xboard49
 選んだ理由:今は生産中止ですが、前は↑のサイトでお勧めってあったから(^-^;



と、まぁDAW以外は結構適当に選びましたが、現在のところ、特に不満はないです。
強いて言えば、MIDIキーボードはハードシンセ持ってるから、特に必要なかったかもしれません。
最後に、DAW選びが一番大切だと思いますが、その後必ず必要になってくるのがオーディオインターフェース。
これには、バンドルソフトでDAWが付いているのが多く、そのバンドルソフトも視野に入れて、選ぶのも良いかもしれません。【END】




別窓 | DTM講座 | コメント:0 | トラックバック:0
【DTM講座】第1回 ~Filter編~
2008-04-06 Sun 23:07
~Filter編~

初心者の私が偉そうに講座など開ける訳がありませんので、備忘録的な位置づけでこれからやって行きたいと思います。基本的にFL Studioでやっていきますが、他のソフトでも基本は同じだと思います。
第1回目はFilterです。よくTranceなどを聴いていると、低く篭った様な音の感じから、明るく、クリアな音に変わるフレーズがあります。
それが、すごくカッコイイナ♪って思った訳ですが、最初はどうやって音を作っているのか、全然見当も付かなかったのを記憶しています。

その正体は「Filter」だったのです。(図1)
Filterはその名のとおり、フィルターに条件を設定する事により、その条件にあった音を通過させる働きがあります。コーヒーフィルターをイメージすれば分かりやすいですね。

filter01.jpg
図1

 ①Cutoff freq:カットする周波数を設定します。
 ②Resonance:カットする周波数に近いあたりを増幅します。(今回は使用しない)
 ③Low pass:低い周波数のみを通す。その量。(Tranceでは定番です。)
 ④Band Pass:特定の周波数のみを通す。その量。(今回は使用しない)
 ⑤High Pass:高い周波数を通す。その量。


それでは実践してみましょう!
最初はローパスフィルターです。
Low PassをイッパイにしてCutoff freqもイッパイ、これは高い音をカットするのですが、
Cutoff freqがイッパイであるため、ほぼ全ての音の成分が通過します。(図2 サンプル1)

filter02.jpg
図2








サンプル1

次に高い成分をある程度カットした場合です。(図3 サンプル2)

filter03.jpg
図3








サンプル2

大分、音の表情が変わってきましたね。
曲の中ではこれを、連続的にやる訳です。
そうすると、低く篭った様な音色から明るくクリアな音色に変化していきます。(サンプル3)








サンプル3

続いてハイパスフィルターです。
これはドラムに掛けているのを良く耳にします。
ドラムの成分は重厚な低音のバスドラム、高音のハイハットなどがあり、バスドラム(低音)をカットするとシャカシャカとチープな高音のみになります。
まずはお約束で全ての音を通過させる設定で聴いてみましょう。(図4 サンプル4)

filter04.jpg
図4








サンプル4

この音をハイパスフィルターで低音部分をカットしてみます。(図5 サンプル5)

filter05.jpg
図5








サンプル5

高音のみのチープな音に変化しました。
これを連続でやってみます。(サンプル6)








サンプル6

この様になかなかカッコ良く音が変化していきます。

いろんな楽器、或いはボーカル等の人の声をフィルターに通してやってみると新たな発見ができるかもしれませんね(^-^)【END】



別窓 | DTM講座 | コメント:2 | トラックバック:0
| r.z.f~ReiZFactory~ | NEXT

twitter

R.Z.F-FavoriteLink

FL Studio公式
(国内・外)

FL Studio本家(英語)
FLStudio本家サイト(英語)

フックアップ
ImageLine Software

国内代理店
FL Studio非公式
ファンサイト

FL Studio @ ウィキ
国内WIKI FLの情報満載

FL Studioを使った
手探りのDTM

FLのヘルプよりも参考になる

FLStudioでダンスミュージック製作ブログ
FL関連の情報満載
VSTi/VST
ソフトシン・セエフェクト
フリー素材

KVR
VSTi/VST最大級サイト(英語)

VST LINK
VSTi/VST国内リンクサイト

soundsnap(フリー素材)
フリーのWAV素材が多数、
探し物が見つかるかも
DTM関連
(お役立ちサイト)

DTM初心者のFAQ@2ch
DTM関連、初心者必見サイト

SoundEngineering
音響関係サイト、MIX関連豊富
Trance

Trance Around The World
Trance専門のインターネット
ラジオ(週代わり放送)
VocaloidMaster

世界の片隅で紡ぐ音楽
お気に入りのVocaloidMaster
このブログでも紹介したが、徒花は最高です。
綺麗なメロディーのミクトランスを作成する。

YouTube

Loading...



アクセスランキング ブログパーツ レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。